Y2 PROJECT

  • HOME
  • NEWS
  • 2014
  • Play-a-thon 2014.11 新しい「楽器」を作る4日間

2014.11.16

Play-a-thon 2014.11 新しい「楽器」を作る4日間

playathon_banner.jpg

2014年11月6日(木)、7日(金)、21日(金)、24日(月、振休)の4日間に渡り、音楽系ハッカソンイベント『Play-a-thon』が開催されます。参加者は「演奏をリデザインする」というテーマのもと、ヤマハが提供する様々な技術やハードウェアを用いて「楽器」や「音楽インターフェース」を作り、最終的には「演奏」(Play)という表現によって成果物を発表します。ここでは、今回提供される二つの技術をご紹介します。

1. コード認識技術/ビート解析技術

コード認識技術は音源からコード進行を、ビート検出技術は音源からビートとテンポを抽出する技術です。音楽をこのような要素に分解できると、音楽にアレンジを加えることが容易になります。たとえば、コード進行が分かれば、メロディーに伴奏をつけたり、バンド演奏にストリングスの白玉を重ねることができます。ビートやテンポの情報が分かれば、演奏に合わせてパーカッションを鳴らすこともできます。既存の音楽からこれらの情報が抽出できることで、音楽をただ聞くだけではない、様々な用途の新しい楽器が作れそうです。

mahaRuBeatO_600.png
コード認識技術/ビート解析技術 概要図

2. マルチトラック自動ボリューム調整

この技術は、マルチトラック音源の各トラックの音量を適切なバランスに整えてくれる技術です。実はこのミキシングというのはなかなか大変な作業です。たとえば、ボーカル、ギター、ベース、ドラムで構成されるバンド演奏をミキシングするとします。ボーカルが入ったらギターが聴こえづらくなった、ではギターの音量を上げよう、いや、ボーカルの音量をちょっと下げようと繰り返しているうちに、今度はベースの音が聴こえなくなったりするのです。この技術があれば、どの楽器もちょうど良い音量で聴こえ、かつボーカルが主役となるような音量の調整を自動で行ってくれます。複数の楽器の音量をインタラクティブにコントロールできるこの技術を応用することで、複数人でのインタラクティブな演奏の幅がさらに拡がっていくことでしょう。

autovolume_600.jpg
マルチトラック自動ボリューム調整技術 概要図

Play-a-thonでは上記の技術以外にも様々な新しい技術が紹介されます。豊かな発想を持つ人々とこのような技術との出会いがどんな新しい「楽器」を作り出すのか楽しみです。

LATEST NEWS