Piano Diary

重要なお知らせ

iOS 14.2/iPadOS 14.2でMIDI通信不具合が発生しています。対策完了までiOS 14.2/iPadOS 14.2へのアップデートはお控えいただきます様、お願い申し上げます。
iOS 14.3/iPadOS 14.3において上記不具合は解消されております。アップデートしてご利用ください。

アプリについて

ピアノの練習をサポートするiOSアプリ

ピアノ演奏が上達する過程を記録に残したいと思った事はありませんか?うまく弾けた演奏を遠く離れた友達や家族に聞いてもらいたいと思ったことはありませんか? Piano Diaryは、ログインしたユーザーの演奏データをクラウド上に手軽に保存し、再生することができる、Core MIDI対応のiOSアプリケーションです。

演奏の記録/再生

Piano Diaryは、楽器演奏のMIDIデータを記録します。MIDIデータを使うことで、記録された演奏をそのまま楽器で再現したり、アプリ上で内蔵ソフトシンセを使って様々な音色で再生することが可能になります。 演奏の記録はボタンひとつで手軽に行うことができるため、こまめに演奏を記録して、過去の演奏と聴き比べながら日々の上達を確認してください。

練習量の可視化

練習に費やした時間と鍵盤を押した回数を自動的にカウントして記録します。日、週、月ごとの練習量グラフを確認したり、他のPiano Diaryユーザと比較することで、練習のモチベーション向上にもつながります。

類似楽曲検索技術によるタイトルサジェスト

新規に演奏を記録した際、過去に演奏した曲や有名クラシック曲の中から類似している楽曲を検索し、タイトルの候補をサジェストします。 弾き間違いやテンポのずれなど、多少の違いがあったとしても頑健に検索することができるため、タイトル入力の手間を大きく省くことができます。 また新たに記録した曲はすぐに検索対象となるため、弾けば弾くほどサジェスト候補も増やしていくことができます。

ムービー作成とYouTubeアップロード

保存した演奏データとアプリ上で選択した写真を合わせてオリジナルのスライドショーを作成し、Youtubeにアップロードすることができます。 演奏を友達や家族だけに公開して披露したり、世界に公開して「いいね!」をもらうことができればモチベーションも高まります。

Piano Diaryの使い方

全ての機能をお使い頂くには、楽器とiOSデバイスをMIDIインターフェースで接続する必要があります。
詳しい接続方法については「iPhone/iPad接続マニュアル」をご覧ください。

対応機種

iPhone4s以降, iPod touch 第5世代以降, iPad2以降

動作環境

iOS 9.0 以降が必要

言語

日本語、英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、イタリア語、韓国語

対象楽器

サイレントピアノやDisklavier等のMIDIポートがついているピアノ、USBポートがついている電子ピアノでお使いいただけます。ヤマハ製品に関わらず、MIDIポートやUSBポートのついている電子ピアノのほとんどでお使い頂けますが、このアプリはあくまでもピアノ用に作られているため、より複雑なMIDI楽器の全てのパラメータには対応していません。

関連項目

技術搭載製品